ヒゲ脱毛に通っています。Part ①

ヒゲ脱毛

おはようございます! リンリンゴ🍎、現在ヒゲの医療脱毛に通っております。

令和2年10月2日時点で、ヒゲ脱毛を2回終了しました。

本来であれば、脱毛1回目からブログをアップすればよかったのですが、ブログ開始時期等々の関係で、ヒゲ脱毛2回目終了後からのスタートとしたいと思います。

※ヒゲ脱毛は医療機関、サロン等で様々な機械を使用していると思いますが、今回はあくまでも私が通っている病院での、ヒゲ脱毛の体験を語っております。そのことを承知していただいた上で読んでいただければ幸いです。

なぜ通おうと思ったのか。

「自分のヒゲが好き!」という方は、悩まなくてもいいと思いますが、私は自分のヒゲが嫌いです。

もっと付け加えると、私の「青いヒゲ」が嫌いです。

きれいに剃ったと思っても青くなる。

女の子とご飯を食べにいく時も青ヒゲがコンプレックスであることから、あまり顔をあげられない。

YouTubeで調べて、ヒゲ脱毛のレビュー動画を見ていくうちに、私も「脱毛しよう!」と決心がつきました。

お金はかかりますが、私自身が今後の人生でヒゲに悩む時間を解決できるのであれば、これは一つの自己投資だという認識で通うことを決意しました。

ヒゲ脱毛をするまで、ヒゲはどのように処理していたのか。

脱毛に通う前までは、基本的に毎朝T字のカミソリで処理していました。ヒゲを一回起こしてから、水や乳液でヒゲを柔らかくしその後、シェービングクリームを塗り、肌を引っ張りヒゲを剃っていました、

肌は傷つき血がてでいました。そして、案の定、きれいに剃れたと思っても、

剃った後は青くなります。

(ヒゲに悩んでいる方であればわかってくださると思うんですが、なんか虚しくなりますよね(汗))

あくまでも、これは平日の処理の仕方です。

休日で女の子とご飯へ行こうなんて日には、前日の夜から仕込みに入ります。笑 

毛抜きでひげを抜く作業を行います。

これが非常に面倒臭い。

痛い。

時間もかかる。

T字のカミソリでひげを処理をすると、青くなるし、毛抜きで抜くしかないと思い当時は痛みに耐えながらヒゲを抜いていました。

時々、毛抜きで抜くことができるほどヒゲが十分に生えていない日は、デートの当日に早めに起きて、ヒゲを抜いていました。

医療脱毛(レーザー脱毛)の1択

脱毛には、医療脱毛(レーザー脱毛)と光脱毛(フラッシュ脱毛)があります。医療脱毛(レーザー脱毛)と光脱毛(フレッシュ脱毛)には違いがあります。

ここでは簡単なイメージとして、お伝えします。

  • 「医療脱毛(レーザー脱毛)」
  • 医師や看護師が施術を行わなければならない。
  • 脱毛の効果が高い。
  • 痛みは光脱毛に比べると痛い。
  • 価格もレーザー脱毛に比べて高い。
  • 「光脱毛(フラッシュ脱毛)」
  • 脱毛の威力低い。
  • 痛みは医療脱毛に比べて痛くない。
  • 価格は医療脱毛に比べて安い。

私は、「医療脱毛」を選択しました。

それは、お金が多少かかっても、痛みが辛くても脱毛の威力が高い、医療脱毛の方が圧倒的にコスパがいいと感じたからです。

痛さは尋常ではなかった。笑

こればかりは各々で個人差があると思います。

よく例えられる話では、「輪ゴムでパチンと当てられているイメージ」というのが一般的な例え話です。

輪ゴムくらいなら余裕だなと思い、舐めきった考えで1回目のひげ脱毛を行いました。

お医者さん👨‍⚕️の「行きますよ〜。」

パチ!!💥となった瞬間びっくりしました。Σ(-᷅_-᷄๑)

私の感覚としては、機械から2本のビームがでできて、「毛穴をジャリ💥ジャリ💥」とやられている感覚ですごく痛かったです。

2回目は「多少痛みに慣れてきた」、「心構えが最初からできていた」ということでやや余裕がありましたが、1回目の脱毛は本当に痛かった。

私の場合は特に、鼻の下とあご部分がとても痛かったです。

経過報告

基本的にヒゲが再度、生え揃うまでは2ヶ月程度かかるということなので、時期がきましたらた、ビフォーアフターとして写真を加えながらブログをアップしたいと思います。

費用等々

各事業所で様々な料金設定をしていると思いますが、私は1回1回料金を払うスタイルの病院で施術をしています。

1回あたり、目から下のヒゲ脱毛で約13,000円です。

私の場合、1あたりの施術時間は20分程度です。

次回は令和2年12月上旬に施術をする予定です。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

へばな〜〜!👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました