生活防衛資金を準備しよう!Part 1(現在の貯金額約30万円)

お金関係

今回の参考動画⬇️⬇️⬇️

第79回 生活防衛資金はいくら貯めれば良いか?【お金の勉強 初級編】

お疲れ様です!リンリンゴ🍎です。私は現在、会社員として勤めておりますが、一時期は貯金額が4万円しかなく、心の余裕がなくなりました。

現在もコツコツとお金をためておりますが、本当に微々たる金額です。(汗)

そこで、シリーズものとして私自身のお金関係のことをブログとして残していきたいと思います。

計画としては少しづつ増えていく予定なので、暖かく見守ってください。

皆さんは生活防衛資金はありますか?

皆さんは生活防衛資金はありますか?起業するにしても、投資をするにしても事前に蓄えがなければ勝負もできないということを様々な本を読んで学びました。

ここでいう生活防衛資金とは、「会社員で働かなくても約6ヶ月食べていくことができる」ものとして定義します。

生活防衛資金はどの程度あればいいのか?

これに関しましては、住んでいる地域やご自身の年齢、所得によって設定する金額は違うと思います。

私の場合、地方の田舎暮らしで実家暮らし。現在の職業の毎月の給料所得が約15万円程度。なおかつ何かしらの急な出費が必要になったことを想定し、

100万円に設定します。

なぜ生活防衛資金を作ろうとしているの?

私個人としては、自分を1番の資本としたいと思っています。

その理由は、会社員としてだけの収入だけでは絶対に経済的自由にはならないと思っているからです。

なので、副業を行ったり後々は、田舎ビジネスを立ち上げて個人事業主として経済的自立を目指しています。

この目標を達成するためにも「ここは勝負!!!」とした時に一歩踏み出すことができる気持ちを作るために生活防衛資金を準備することとします。

急な出費があったときはどうするの?

約5万円(ゆうちょ銀行)

この約5万円を月々少しずつ増やしていき、その中で急な出費をなんとかやりくりしていきたい。

現在の貯金額

320,730円(楽天銀行)

※すごく恥ずかしい。

今後行うこと。

終身保険の解約(なぜ解約しようと思ったかはブログで後日公開します)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

へばな〜〜!👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました