生活防衛資金を準備しよう Part2

お金関係

今回の参考動画はこちら⬇️⬇️⬇️

第7回 【要らない保険】本当に必要な生命保険はこれだけ【お金の勉強 初級編】
貯蓄型保険の正体はボッタクリ投資信託! 実は全然お得じゃない 〜貯蓄型保険で貯金や投資をすると失敗する理由 〜【マンガで解説】

おはようございます!

今回も「生活防衛資金を準備しよう」という内容でブログを掲載します。

生活防衛資金を作るために今一度、現段階で私ができる毎月の固定費を見直します。

固定費の見直しをしよう

両学長の動画を見て月々の固定費を見直し、その分を生活防衛資金に当てようと考えました。

人生において大きなお金が動くもの「家🏠・車🚗・保険🩺」

今回は【保険】について見直そうと思います。

※保険については各々で様々な考えがあると思います。あくまでも、今回は私の現状等々を考えて自己責任のもと行っております。

私が契約していた保険の内容は?

  • 契約日:平成30年1月1日
  • 保険料払込期間の終期:平成68年12月31日
  • 保険会社:かんぽ生命
  • 保険種類:普通終身保険(5倍型)
  • 主な保証内容
  • 死亡保険金額
  • 基本契約の保険料払込期間中:4,000,000円
  • 基本契約の保険料払込期間終了後:800,000円
  • 【特約の主な保証内容】
  • 特約の種類
  • 無配当災害特約(低滅型)無配総医特約(低滅型)
  • 事故・災害による死亡保険金:4,000,000円
  • 疾病(病気)による入院保険金:1日につき6,000円
  • 傷害(けが)による入院保険金:1日につき6,000円
  • 入院初期保険金 入院1回につき:30,000円
  • 手術保険金(入院中):120,000円
  • 手術保険金(入院中以外):30,000円
  • 放射線治療保険金:60,000円

の内容です。

月々の保険料金は12,440円。

ここを見直そうと思います。

終身保険は解約・継続??

結果的に終身保険は解約しました。「貯蓄は貯蓄。保険は保険。」という言葉に納得したとともに、積立の保険はギャンブル性が高いと感じたからです。

そもそも保険の内容を理解していたか?

親戚から保険をすすめられたということもあり、当時は(数年前)断るにも断りきれなかった。というのが正直ありました。保険の内容を丁寧に説明していただいた記憶がありますが、私自身があまりにも無知すぎて保険の内容を理解していませんでした。

最終的にはその保険営業マンからの「大体の人はちゃんとした保険を一つは入っています。」というこの言葉一つで当時は納得して署名と捺印をしていました。

保険加入期間と返戻金(還付金)はどのくらいなの?

  • 契約日:平成30年1月1日
  • 解約日:令和2年9月24日
  • 返戻金(還付金):271,400円

保険の解約はどうすればいいの?

私の場合、かんぽ生命だったため、近くの郵便局にいきました。

※簡易郵便局以外であれば、基本的にはどの郵便局でも手続き可能だと思いおます。

解約するにあたって、「保険証書・通帳・印鑑・運転免許証、マイナンバーカード(または通知カード)」を持っていってください。

混み具合によって前後はあると思いますが、約30分もあれば手続きは終了します。

現在の貯金額は?

返戻金のうち約7万円をふるさと納税や来月の支払いにまわしました。残りの20万円をそのまま楽天銀行へ。

現在の貯金額:520,730円

最終的に私がした決断

終身保険は解約しましたが、私の性格上、様々な制度があることを知っていてもやはり少し不安があったので、掛け捨ての医療保険(4,200円)に入りました。

ここは私もしっかりと説明を聞き、保険内容を理解しましたが、定期的に見直しをしていきたいと思います。

まとめ

  1. 保険はギャンブルである。
  2. 積立保険は異常に手数料の高い投資商品である。
  3. 「投資は難しい」と言っているにもかかわらず、みんな投資商品を毎月買っていることに気づいた方がいい。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

へばな〜〜!👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました